WQ Inc.
WQ Inc.

Solar panels

太陽電池パネル

ヨーロッパブランド

ヨーロッパブランドは、自動化されたラインで均質な製品製造を進めています。私たちは太陽光発電のスペシャリストとして、独自の選択基準から品質の良いブランドを選定しています。

REC(太陽光発電モジュール)

発電プロジェクトで成功をおさめるには、太陽電池パネルの最適な選択が必要です。安価な中国製を選ぶべきでしょうか?それとも、値段が高くて納期のかかる日本製を選ぶべきでしょうか?いいえ。どちらも最適な答えとは言えません。

発電プロジェクトを確実に成功させるための3つの秘訣

発電プロジェクトを
確実に成功させるための3つの秘訣

  • 1. 健全な財務状況
  • 2. 圧倒的な実発電量
  • 3. 高い耐久性

製品づくりに一切の妥協を許さない世界的リーディングカンパニー、
それがRECです。
製品づくりに一切の妥協を許さない
世界的リーディングカンパニー、
それがRECです。

原材料のシリコンから太陽電池パネルまで一貫生産。すべては投資家の期待に応えるために。

部材を買い集めて太陽電池パネルを製造することは簡単ですが、優れた発電パフォーマンスを発揮することは非常に難しいものです。RECは、業界でも珍しく原材料であるシリコンから太陽電池パネルまで自社生産しています。これは、より堅牢で、より発電する商品を生み出すためのREC独自のポイントです。一貫生産によって生み出される製品は、長年培ってきた技術の集大成であり、必ず投資家の方々のシビアな期待に応えてくれることでしょう。

RECは太陽光発電業界における垂直統合型企業

常に太陽光発電業界の一歩先を歩むRECの革新性と世界的ネットワーク網

太陽光発電業界のパイオニアであるRECは、その価値を日々革新し続けています。200件以上の特許を保有し(出願中含む)、シンガポール他全世界に3箇所の生産設備、2箇所のR&Dユニット、9箇所の営業拠点を保有。製品の開発から販売、サポートまで全世界的な規模のネットワークを構築しています。妥協を一切許さない製品品質・サービスへの高いこだわりと未来を視野に入れた販売戦略の一環です。数々の受賞実績もその証です。

2011年 FROST&SULLIVAN ベストプラクティス賞(グローバル太陽光発電顧客価値強化)
2011年 シリコンイノベーション(流動床法[FBR])
2010年 パネル製造の改革(高度に統合・自動化された生産設備)

RECの拠点

欧州No.1の売上げが実証する確かな品質。
健全な財務状況がそれを物語っています。
欧州No.1の売上げが実証する
確かな品質。健全な財務状況がそれを
物語っています。

太陽光発電のリーディングエリアである欧州で、2012年売上げ実績No.1

*Bloomberg社WEBサイト参照

現在の世界的な太陽電池パネル価格の下落に伴い財務状況が悪化し、負債の償還期限を迎える時機に破綻へと追い込まれるメーカーも少なくありません。そして、今後ますますそういった事例は増えてくることが予測されています。長期間の発電プロジェクトを成功させるには、破綻リスクの少ないメーカーのパネルを選定しておくことが重要な要素のひとつです。RECは、研究開発、市場開発、および、付加価値をもたらす事業計画に重きを置く財務志向を持ち、太陽光発電産業の中においてしっかりと未来を見据えた企業です。

負債資本比率の比較

会社別総収入(100万EUR単位)

会社別時価総額(100万EUR単位)

日本よりも高緯度のノルウェーで研究・開発。
それが、圧倒的な実発電量を実現する秘密のひとつです。
日本よりも高緯度のノルウェーで
研究・開発。
それが、圧倒的な実発電量を実現する
秘密のひとつです。

低照度の地域でも効率よく発電すること。優れた低照度発電特性が、高い発電量の秘訣です。

日本よりも高緯度で太陽光照度が低いノルウェー。そこで研究開発されたRECの太陽電池パネルは、照度の低い季節(秋〜冬)や曇りの日、西向き・東向きの設置環境においてもその力を存分に発揮してくれます。太陽光のエネルギーを最大限に活かすRECのパネル性能は、国内販売メーカーを遥かにしのぐ圧倒的な発電量を実現します。

相対的効率

*STCとは、Standard Testing Conditionの略で、カタログスペックの標準。(照度1000W/㎡)

国際的に認知度の高い性能試験『フォトン・テスト』において年間発電量ランキング第1位を獲得しました。

RECの太陽電池パネルは、フォトンラボラトリーの主要ブランドに対する実地性能試験において年間発電量ランキング第1位を獲得。これにより、薄膜系・単結晶製品を含む45の異なるタイプのどのパネルよりも性能が優れていることが判明(全体平均よりも+6%の発電量)されたのです。フォトン・ラボラトリーの実地性能試験では、実際の条件下で1枚のパネルが1年間に何kWh発電したかを測定します。業界誌Photon Profiに発表された結果によれば、RECのパネルはシステム出力係数90.8パーセントで最高、また発電量も1,150.4kWh/kWで最高の数値でした。
*太陽光発電に関する最大手の業界情報誌。

フォトンによる主要ブランド比較試験(2011)

フルオートメーション化された工場から、長期間変わらない安定した品質の製品を提供します。

現在、問題になっている太陽電池パネルのホットスポット等の問題は、人件費の安い国での手動組み立てが原因と言われています。RECでは、半田付けをはじめとするすべての工程においてフルオートメーションを導入。製品レベルの安定化を図っています。この製品の安定化こそが長期間高い発電量を生み出すための必須項目なのです。

フルオートメーション生産と手動生産の比較

REC製品の高い耐久性。それは、安心の保証体制、
高いPID特性とパネル強度に裏打ちされています。
REC製品の高い耐久性。
それは、安心の保証体制、
高いPID特性とパネル強度に
裏打ちされています。

*パネルから漏れ電流が発生し、大幅な出力低下につながる潜在的な劣化。

温暖湿潤気候の日本で、20年間発電し続ける高い耐久性と安心の保証体制。

ほとんどの発電プロジェクトの事業計画においては、太陽電池パネルの故障、それによる発電量の著しい低下や売電期間の欠損は考慮されていません。しかし、パネルにとって世界の中でも非常に過酷な地域とされる温暖湿潤気候の日本で、20年もの間本当に故障無しで動き続けるかどうかは、その時にならないと誰にも分かりません。RECの太陽電池パネルは、妥協を一切許さない徹底した品質管理と充実の保証体制(25年間の出力保証+10年間の製品保証)によって、高い耐久性と故障リスクの低減の両方を実現します。充実の保証体制は、品質への自信の証です。

RECのリニアワランティ

*公称最大出力に対し、初年度3%、次年度以降0.7%ずつ下回る出力を保証。

高水準のPID試験をクリア。すべては長期間にわたる信頼性のために。

RECの太陽電池パネルは、一般的なPID試験(25度-1000V)に加え、60度-1000Vという高い水準の試験(SERIS)に合格しています。その他にもTÜVRheinland等、様々な認証を取得するなど、温暖湿潤気候の日本でも長期間安定した発電量を確保することを証明しています。
*パネルから漏れ電流が発生し、大幅な出力低下につながる潜在的な劣化。

IEC61215、および、IEC61730認証を取得

日本のJIS規定の倍以上のパネル強度。20年間にわたる長期発電を実現させる欧州仕様です。

長期発電にはパネルの堅牢さが必要不可欠です。RECの太陽電池パネルはJIS規格(JISC8990)で定められている倍以上の強度を確保。その高い堅牢性は、お客様の安心そのものです。

REC製品と国内主要メーカーの耐荷重比較

RECの高品質哲学が結実した高い製品性能。
それは、揺るぎない品質への追求が生み出した結果です。
RECの高品質哲学が結実した
高い製品性能。
それは、揺るぎない品質への追求が
生み出した結果です。

JIS規定を遥かに上回る性能試験をクリア。そのすべてはお客様の安心を醸成するために。

長期間の安定した発電量を望むお客様の安心のためには、過酷な条件下での性能試験をクリアしていることが必須条件と言えます。RECの製品は、日本のJIS規定を大幅に上回る様々な性能試験をクリア。さらに、ジャンクションボックスへのシリコン剤の充填や、太陽電池パネルのフレームの組み合わせに採用された嵌合方式(一般的製品はビス接合方式)、ビスレス構造により、塩害に対してもその強さを発揮します。5,400Paの高強度と高い耐塩害性により、従来では雪や強風等により対応できなかった地域や、沿岸部での仕様に向けた施工を可能としました。

結露凍結試験

高温高湿試験

耐塩害性

RECが世界中で選ばれ続けている、その理由。
それは、健全な財務状況、高い発電量、高い耐久性が認められているから。
RECが世界中で選ばれ続けている、
その理由。
それは、健全な財務状況、高い発電量、
高い耐久性が認められているから。

競合200社の中から選ばれたRECの信頼性。

世界的な家具・インテリア販売メーカーIKEA(イケア)。そのIKEAのドイツにおける2つの自社ビルにRECの製品が採用されました。200社を超える太陽光発電システム企業との競合に勝ち抜いたその理由は、RECという企業とその製品の高い信頼性が認められたからに他なりません。現在も世界中でRECの太陽電池パネルは採用され続けています。

システム規模:28MW(ドイツ)

システム規模:24MW(イタリア)

システム規模:4.5MW(アメリカ)

高性能太陽電池パネルRECピークエナジーシリーズ

RECピークエナジーシリーズ太陽電池パネルは、発電プロジェクトに最適な選択です。アルミニウム合金フレームと3.2mm厚のソーラーガラスの採用により、耐雪・耐風荷重5,400Pa(JIS C8990で定められた約2倍のパネル強度)を実現。また、防水性の高いIP67ジャンクションボックスやジャンクションボックスのシリコン充填、嵌合方式(ビスレス構造)のフレーム等、日本の過酷な気象条件でも長期発電し続ける高い耐久性を可能としました。さらに、すべてのREC製品は、JISの基準を遥かに上回る試験を実施することで、長期にわたる製品品質と安定した出力を保証します。
*水深1mで30分以上耐えうるという保護等級。

製品仕様

外形寸法(面積) 1,665×991×38mm(1.65㎡)
質量 18kg
セルタイプ REC PE 多結晶太陽電池セル:60枚
3ストリング(セル20枚/1ストリング、 3バイパスダイオード)
ガラス 3.2mm厚ソーラーガラス反射防止表面処理
バックシート 高耐性2層ポリエステル
フレーム アルマイト処理アルミニウム合金
ジャンクション
ボックス
ジャンクションボックス IP67※1、4mm²ソーラーケーブル0.90m+1.20m
コネクタ MC4、MC4互換、Radoxツイストロック(各4mm²)
製造された99.7%の太陽電池パネルにおいて電力値および電圧値が公称値に対し±3%の許容差であることが分析データにより示されています。標準試験条件(STC※2:放射照度1000W/㎡、AM1.5、セル温度25℃)における値。200W/㎡の低放射照度条件(AM1.5、セル温度25℃)においてもSTC※2でのパネル変換効率の97%を達成。

※1)製品の仕様は予告無く変更する場合がございます。  ※2)STCとは、Standard Testing Conditionの略で、カタログスペックの標準。(照度1000W/㎡)

中国ブランド

中国ブランドは、今まさに玉石混交。もと世界的モジュールメーカーでの勤務経験を持つWQスタッフの強みを活かし、品質、価格の相対バランスが良い製品を選定しています。